岳南鉄道5000系解体(2)

~~~続き~~~
翌々日再訪 作業が中断するお昼休みに再び許可を頂き撮影
青ガエルがぁ~車両全体を入れてガラスが入っていないと亡霊のようです
隣の車両も解体準備中です順光側からも最後の並び
ガラスの撤去作業途中大きな前面窓日の当たる海側の方が痛みが激しい
錆が涙のようドア越しにホームを見る
お休み中のところ、快く入場許可を頂きありがとうございました。

解体の進捗が気になるのでその後何度か訪問
休憩時間と合わなかった為、敷地外orホームより撮影
青ガエルは細切れになりました残り2編成と1両赤ガエル同士の顔合わせ
台車は細かく切断されます奥のユンボが床下を掴んでトラックへ積み込み中

3本目が解体中バーナーで丁寧に切り込んでいきます炎が見えるかな?
煙がモクモク最後の1編成
時間が取れずラスト1本の解体を見届けに行けなかったのが悔やまれます。

公開する事によって現場作業に支障(盗難や事故等)が出ると迷惑が掛かってしまう為
全車解体まで公開を控えておりました。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/05(火) 01:02:34|
  2. お別れ撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岳南鉄道5000系解体(1)

以前岳南鉄道で使われていた元東急5000系が解体処分されてしまいました。
富士岡駅と比奈のヤードに2編成ずつ留置されてました
既に解体中台車もブツ切りに・・・中身はカラッポ
この車両は最後に解体される事にED29は解体を逃れ残る様です比奈のヤードの一番奥にポツンと佇む
同日の昼に再訪したところヤードにいた2編成が富士岡に移動して来てました。
当然自走不可なので機関車で引っ張って来たとのこと
丁度休憩中の作業員の方に入場許可を頂き、近くで撮影していたところ車内にも入っても良いと言われ
お言葉に甘えて解体直前の車内へ入れさせていただきました。
頭が・・・・次に解体されるのはこの青ガエルです既に吊革は撤去されてました
味わいある妻面の車体表記吉原方運転台機器類は全て撤去されてました
乗務員ドア内側は無塗装隣にはヤードで一緒だった編成が・・・ボロボロです(´・ω・`)切り抜き文字
次は彼らの番大きさの違うバネ空を見上げて
ここで時間切れとなり、作業員の方へお礼を言いその場をあとにしました。
~~~続く~~~
  1. 2008/08/05(火) 00:29:26|
  2. お別れ撮影
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

プロフィール

まめた

Author:まめた
毎週日曜日12時更新

画像をクリックすると別窓で600×400の画像が開きます。
08/9/21より900×600にサイズUP

画像のお持ち帰りはご自由にどうぞ~
HPやブログ、SNSなどに転載する場合は
拒否しないので一言下さいm(__)m

来場者数

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索